北米の映画

映画「13の選択」は、うだつの上がらないサラリーマン、エリオット・ブリンドルが、大金を手にして人生を変えられるというゲームに招待され、あれこれえらいことになる話です。

ゲーム開始時のブリンドルの状況

主人公エリオット・ブリン ...

西欧の映画

2008年ドイツの映画「The WAVE(ザ・ウェイブ)」は、アメリカの高校で実際に行われた実験の記録をもとにした物語です。

ザ・ウェイヴのあらすじをネタバレなしで

アメリカの出来事がベースですが、映画はドイツの高校を舞台 ...

北米の映画

日本では劇場公開されなかったんですね。もったいない。

私文書偽造の物語(実話です)なのでクライムストーリーと言って言えないこともない作品ですが、捏造がバレるかバレないかできりきり舞いしたり、FBIからの逃走劇を演じたりする ...

邦画,小説

帚木蓬生ははきぎほうせいの小説「閉鎖病棟」

初版は1994年だったのですね。

私が最初にこの本を読んだのは2010年頃でした。

長年あちこちの本屋さんで平積みになっているのを見ていて、新刊でもないの ...

南欧の映画

「おとなの事情」は、2016年のイタリア映画(パオロ・ジェノヴェーゼ監督)です。

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞作品賞と脚本賞、アメリカ・トライベッカ映画祭脚本賞、ノルウェー国際映画祭観客賞受賞作品

月食の夜、 ...

北米の映画

「パーフェクト・ルーム」は2014年のアメリカ映画で、2008年公開のベルギー映画「ロフト」のリメイク作品です。

「パーフェクトルーム」は邦題で、アメリカ公開時のタイトルは「The Loft」でした。

日本では ...

北米の映画

「ミスター・ガラス」は、「アンブレイカブル」「スプリット」と続いてきたM・ナイト・シャマラン三部作を締めくくる作品です。

2作目の「スプリット」は、「アンブレイカブル」を見ていなくても話を理解できる作りでしたが、「ミスター ...

南欧の映画

イタリア映画「いつだってやめられる」シリーズは、はじめに第1作「7人の危ない教授たち」が制作され、好評を後押しにシリーズ化されたものです。

2作目「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」と3作目「いつだってやめられ ...

南欧の映画

イタリア映画「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」は、ピエトロひとりが罪をかぶって服役。他のメンバーはそれぞれの生活に戻ったように見える終わり方でした。

でも実は、ピエトロが警察に出頭した後、教授たちはまたもう一仕 ...

南欧の映画

イタリア(2014年)の映画「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」は、低所得に困窮する7人の学者が新しい化合物を作って儲ける物語です。

出だし部分はブレイキング・バッドと似ていますが、ストーリーは全然違っていて、こ ...