東京五輪チケット販売2次抽選受付2019年11月13日から11月26日までです。

2019年11月9日

東京オリンピック観戦チケット

2次抽選の概要が発表されました。

五輪チケット2次抽選

2次抽選は2019年11月13日(水)未明から11月26日(水)11:59a.m.です。

未明とか(笑)

とは言っても、抽選です。

先着順ではないので11月13日に慌てて申し込む必要はありません。

26日の午前11時59分までに申し込めれば当選確率は変わりません。

2019年11月13日からオリンピック観戦チケット 第2次抽選販売申込受付開始!|TOKYO2020

チケット購入の流れ

見たい競技の日程と場所、チケット価格を確認

競技日程、会場、チケット価格はこちらに

見たい競技を確認したら、抽選に応募します。

TOKYO2020ID取得

抽選応募、チケット購入にはTOKYO02020IDが必要です。

ID取得は無料です。

ID登録の手順はこちらに

抽選応募

応募はネット上の販売サイトのみです。郵送等での応募はできません。

抽選結果発表

当選を確認します。

東京オリンピックチケット抽選

代金支払いとチケット入手

VISAカードで支払って、スマホチケットか印刷を選ぶと手数料を無料にできてお得です。

支払いはVISAカードかコンビニ現金決済

支払いに使えるカードは、VISAのみです。(VISAが五輪スポンサーなので)

コンビニで現金決済することもできますが手数料が1件あたり432円(税込)かかります。

VISAカードでの支払いをお勧めします。

チケット受取

東京五輪チケットはスマホ受け取りがおすすめ

郵送

紙のチケットを配送してもらう方法です。

手数料が、発行1枚あたり324円(税込)、配送1件あたり864円(税込)かかります。

モバイルチケット

スマホにダウンロードしたQRコードをチケットとして使う方法です。

手数料はかかりません。

プリント

チケットをご自身で印刷する方法です。

手数料はかかりません。

転売サイトでのチケット売買は禁止です

東京五輪チケットを転売サイトなどで売ったり買ったりすることは禁じられています

転売サイトで買ったチケットでは観戦できないことも考えられます。(まだどう対策するのかは不明ですが…)

身分証明書等で購入したご本人が観戦に来ているか確認を取る可能性もあります。

まさかそんなんしないだろ…と思うところですが、チケットの本人確認はフィギュアスケートなどでは実際にやっています。

ランダムに数人に一人ずつ身分証明書の提示を求められることも。

本当に会場に入れなくなった人を見たこともあります。

五輪での不正入手チケットの対応や、もしも買ったチケットが不要になった時にどうすればいいかなど、詳細はおいおい案内が出るはずです。

転売目的で買ったり抽選に応募したりするのはやめましょう。

入手できなかった場合も、法外な値段での転売に乗らないでください。

スポンサーリンク