ミオミル・ケツマノビッチのテニスデータ,経歴,趣味,好きな選手など

ミオミル・ケツマノビッチ(Miomir Kecmanovic)は、セルビアの男子テニス選手です。

「ケチマノビッチ」「ケマノビッチ」「キツマノビッチ」と表記されているのも見かけます。

ミオミル・ケツマノビッチのデータ

名前ミオミル・ケツマノビッチ/Miomir Kecmanovic
セルビア
生年月日/年齢1999年8月31日/20歳
身長/体重183cm/75kg
利き手とバックハンド右利き/両手バックハンド
現住所地ブレーデントン(フロリダ、アメリカ)
コーチ/Miro Hrvatin

参考資料

ケツマノビッチvs.錦織圭のHead to Head

ケツマノビッチvs.西岡良仁のHead to Head

ケツマノビッチvs.ダニエル太郎のHead to Head

ミオミル・ケツマノビッチの経歴

オレンジボウル2連覇

オレンジボウルは、ジュニアの国際大会で、1947年から続く歴史ある選手権です。

16歳以下と17歳以上18歳以下のカテゴリーがあり、ケツマノビッチは、2015年、2016年と2年連続で18歳以下の部門で優勝しています。

これまでオレンジボウル連覇を達成した選手は、ハロルド・ソロモンビリー・マーティンだけ。ケツマノビッチは3人目です。

余談ですが、このハロルド・ソロモン氏は大坂なおみ選手が以前に所属していたテニスクラブの代表の方です。

大坂選手の次のコーチ候補として名前が挙がることも。

参考:大坂なおみ快挙の舞台裏|NHKクローズアップ現代

2015年のオレンジボウル決勝でケツマノビッチに負けて準優勝に終わったのが、ギリシアのステファノス・チチパスでした。

オレンジボウル過去の優勝者はこちらに
OrangeBowl|Wikipedia

チャレンジャー初勝利

2017年にはマイアミマスターズにワイルドカードで出場。第22シードのヘンリー・ラクソネンにストレート勝ちしています。

チャレンジャーでの初勝利は2017年のサンルイスオープン。第3シードのステファン・コズロフから挙げました。

同年10月、蘇州国際で優勝。初タイトルを手にします。

ATPツアー初勝利

自己最高の132位で2018シーズンを終えたケツマノビッチのATPツアーの初勝利は2019年。

ブリスベン国際でランキング52位のレオナルド・メイヤーに勝ちました。

IMG出身のケツマノビッチ

ミオミールは、IMGテニスアカデミーに在籍しています。

IMGはプロアスリートの養成学校で本部はフロリダにあります。

錦織圭選手や西岡良仁選手も卒業生で、西岡はIMGでケツマノビッチとプレイしたことがあるそうです。

好きなショットはフォア。バスケが得意

ニックネームはミーシャ。

両親ともに医師の家庭で育ちました。

テニスを始めたのは6歳の頃で、子供時代の憧れの選手はノバク・ジョコビッチロジャー・フェデラー

得意なサーフェスはハード、好きな大会はウィンブルドン。フォアに自信あり。

趣味はゴルフ、バスケ、映画や読書だそう。

バスケはかなりの腕前です。

ダミール・ズムルとの非公式対決の動画が。

床に寝た姿勢からのフリースロー!